本文へスキップ

簡易課税の計算方法

自社のみなし仕入率を知る

みなし仕入率は会社が営んでいる事業の種類によって異なります。

売上にかかった消費税 × みなし仕入率 = 引くことができる仕入れの消費税 となります。

売上にかかった消費税には売上代金だけでなく、たとえば、会社で使っていた機械を売ったとき、売った代金に上乗せした消費税などが含まれます。

  • みなし仕入率
 事業の区分 みなし仕入率 主な業種 
 第1種  90%  卸売業
 第2種  80%  小売業
 第3種  70%  農林漁業、建設業、製造業など
 第4種  60%  他に該当しない事業、飲食店業、金融業など、固定資産の譲渡
 第5種  50%  不動産業、運輸通信業、飲食店以外のサービス業

会社の経費で消費税がかからないもの

消費税のかからない経費の支払いが多い場合は、簡易課税を選ぶかどうかを考えるポイントにもなります。

  • 給与、減価償却費、借入金の利息、税金、土地の購入、社宅家賃の支払い…etc.

 例えば給与は消費税がかからないけれども、似て非なるもので外注費には消費税がかかっています。

  • 輸入した商品を国内で販売している

 輸入業者さんは日本まで運んできた商品の通関手続きで関税とか輸入消費税とかを納めています。
 その分を、原則課税だと引けますが、簡易課税だと売上ベースで計算するので引けなくなります。