本文へスキップ

小規模な個人事業主さん向けのサービス SPECIAL SERVICE&PRODUCTS


個人の確定申告をご自分でされる方へ
画期的なサービスをご提供いたします!



平成26年1月から個人の白色申告者の記帳・帳簿等の保存制度がはじまります。

               1.対象となる方

 これまで個人の白色申告については、前々年分あるいは前年分の事業所得や不動産所得などの金額の合計額が300万円を超える場合に記帳と帳簿書類の保存が義務付けられていましたが、平成26年1月からは確定申告の必要がない方(申告義務が無い方)でも事業所得や不動産所得などの業務を行う全ての方に義務付けられます。

             2.記帳する内容

 白色申告の方が記帳する内容は、売上などの収入金額、仕入や経費について、取引の年月日、売上先・仕入先その他の相手方の名称、金額、日々の売上・仕入・経費の金額等を帳簿に記載します。
記帳に当たっては、一つ一つの取引ごとではなく日々の合計金額をまとめて記載するなど、簡易な方法で記載してもよいことになっています。

               3.帳簿書類の保存

収入金額や必要経費を記載した帳簿のほか、取引に伴って作成した帳簿や受け取った請求書・領収書などの書類を保存する必要があります。




            −サービス内容について−
どういうサービスですか?
いわゆる税理士に帳簿を付けてもらって、毎月訪問してもらったり、毎月事務所を訪ねたり、または確定申告のときに資料を段ボールに詰めて送ったり、、といった従来のサービスとは異なります。
何をしてくれるの?
領収書の整理⇒記帳⇒確定申告書の作成⇒税務署に提出。この一連の作業は今までどおり、ご自身で行っていただきます。
毎年、自分で確定申告できているけども…
この作業を毎年繰り返していても、わからないことはありませんか?必要な届出を税務署にちゃんと提出していますか?いずれ来る税務調査が心配になりませんか?
必要経費になります。
月額3,000円の相談料は、確定申告をするための経理処理や税務の相談をするためのものなので、当然、毎年の確定申告のときに必要経費に算入できます!
相談方法は?
サポートが始まると、税理士に相談をいつでもできるようになります。メールまたはお電話の利用しやすい方法でお尋ねください。
優遇サービスも!!
このサービスを6ヵ月以上ご利用いただいていた方が、当事務所に確定申告を丸ごと依頼するようになった場合や、法人成りするようになった場合には、各種お値引がございます。詳しくはお問い合わせください。



CEO

○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ












CEO





ナビゲーション

  • CEO
  • US