本文へスキップ

オンラインであなたの夢のお手伝いをします

ネットショップ運営で有効な節税対策はありますか?



 ネットショップ自体は商売の歴史的には日が浅いので、ネットショップに限った節税策というよりも、従来からある節税策にネットショップをあてはめて考え出すという手法の方が実状としては適しています。ですので、ネットショップでの節税策を中心にお話しますが、ネットショップ以外の事業をしている方にも参考にしていただければと思います。
 節税というのは税金を節約することなので、その節約した分を会社の経費や資産の購入に充当する方法が主な節税策となっています。ご紹介する節税策がいくつかのパターンに分かれることに気がつくと予想されるので、先に大まかに6つに分けておきます。複数のパターンに該当するものは主な手法の方に分類しておきます。

 

   資産計上しないで経費にする
   税金のかからない経費にする
   税金はかかるが経費が増える
   税金を繰り延べるor税金をダイレクトに減らす
   一括して前払いする
   キャッシュアウトを伴わない方法

 

 会社の経営をしていて節税が特に気になってくるのは期末に近づく頃だと思います。せっかく学んだ節税策でもうちの会社では使えないということがないように、頭から自分の会社ではこういう時に使える・使えないという判断をしながら読み進んでください。
 また、短期速効型のものは一度のキャッシュアウトが多くなり、長期プランでは支払いも少しずつ年月をかけていくものが多い傾向にあります。長期プランは短気な性格の方には向いていないかもしれませんが、会社の成長とともに年月をかけて実績が蓄積されてジワジワと功を奏してきます。会計や税務を任せている税理士に相談して実行することを検討しましょう。
 会社で毎月のように使用する経費というのは大抵同じような金額になりますし、それを試算表や財務諸表を使って時系列で並べて比較してみると、大幅に増減している経費は目立つため、瞬時に変化に気が付くものです。臨時的な経費の支払いや固定資産を購入する際も、節税だけではなく税務上のリスクを把握するためにも税理士に相談した方が良いでしょう。