本文へスキップ

設立の届出DECLARATION OF ESTABLISHMENT

会社を設立して税務署に届け出る主な書類

  • 法人設立届書
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

各書類の内容について

法人設立届出書
設立して2ヵ月以内に会社がある場所を所轄する税務署と都税事務所にも提出します。 本社や支社が東京都以外の場所にある場合は所在地の道府県税事務所と市区町村役場にも提出します。定款のコピーと履歴事項全部証明書を添付します。
青色申告の承認申請書
設立から3ヵ月経過した日と、最初の事業年度の終了日を比べてどちらか早い日の前日までに提出する必要があります。自力で会社を設立した場合、ご自分で税務署に必要な届出までされてから税務申告をご依頼される方がいらっしゃいますが、この申請書の提出日が遅れてしまうと設立第1期から青色申告の特典を受けられないケースがありますのでご注意ください。
給与支払報告書
従業員を雇い入れて給与を支払う場合に提出します。通常は、開業した時に法人設立届出書と一緒に提出しておきます。
源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
従業員の給与から源泉徴収する所得税は、原則通りなら毎月納税するのですが、従業員が常時10人未満の場合だと半年に1度、つまり1年に2回にまとめて納付することができます。